高血圧症にお悩みのアナタ。ノルバスクという治療薬をご存知ですか?ゆっくりと効き目が出て、副作用も少ないのが特徴です。製造元は世界的に有名なファイザー製薬なので信頼度も折り紙つきです。

ノルバスクと高血圧症に悩む男性

ノルバスクと精神科の治療への改訂版の影響

ノルバスクは高血圧治療薬として古くから使用されており、血管を広げ血流に安定的に保つと同時に、心臓の働きを抑える効果もあります。更に血行を良くする効果があり、その効果が持続するという特徴を持っています。
ノルバスク以外にも血圧の薬として使用されるものはいくつかありますが、これらの薬が直接血液に作用するのに対し、ノルバスクは血管の収縮を抑えることが出来るため血管閉塞の様な血管に起因する病気の予防に非常に効果が有るため、脳梗塞や心筋梗塞などの血管系の病気の予防や病後にも良く適用されることが多いものです。
ノルバスクの主成分はカルシウム拮抗薬と言われる、体内にカルシウムが吸収されることを抑える成分です。このカルシウム拮抗薬の成分により血管がカルシウムを吸収することが妨げられることで血流が良くなるという効果を示しています。
このカルシウム拮抗薬は精神病、特に双極性障害に効果があることも知られています。双極性障害は気分が高揚している躁状態と
気分が落ち込んでいる鬱状態が交互に現れるものですが、この躁状態を抑制する効果があります。その原因はまた正確には解明されていないのですが、血圧のコントロールのためにノルバスクを服用している中には躁の症状を示す人が少ないことが精神科の調査の改訂版に記載されています。ノルバスクに含まれるカルシウム拮抗薬がカルシウムの吸収を抑制することから、カルシウムの吸収を抑えることが精神疾患にも効果があるというものです。
双極性障害は躁鬱を交互に繰り返す病気で、一般的にはうつ病のイメージから鬱状態において問題があるようなイメージが有りますが、実は躁状態に於いて問題行動が多いことが知られています。その為、躁状態を抑制する効果のあるノルバスクを治療に利用する精神科の医師も増えています。