高血圧症にお悩みのアナタ。ノルバスクという治療薬をご存知ですか?ゆっくりと効き目が出て、副作用も少ないのが特徴です。製造元は世界的に有名なファイザー製薬なので信頼度も折り紙つきです。

ノルバスクと高血圧症に悩む男性

ノルバスクとアジルサルタンの違いと寝不足の影響

高血圧の治療薬として古くから高い地位を維持してきているのがノルバスクです。ノルバスクはカルシウム拮抗薬に分類される降圧剤であり、多くの人に使用できることや高い降圧作用から医療機関では高い信頼性を持って使用してきています。その使用実績の多さも信頼性を高めている理由であり、何かトラブルが発生した場合にでもすぐに正しい対応を医療機関としてとることができるようになっています。カルシウム拮抗薬は高血圧治療の初期に出てきた治療薬であって歴史がありますが、近年になって新しいメカニズムで降圧作用を示す治療薬も開発されてきました。アジルサルタンを含む医薬品はその代表的なものであり、アンジオテンシン受容体拮抗薬に分類されるものです。ノルバスクなどのカルシウム拮抗薬は血管のカルシウムチャネルの機能を阻害することによって血管拡張を起こすことで血圧を下げます。一方でアジルサルタンは腎臓にある血圧調節系において生体内物質であるアンジオテンシンが発する血管収縮作用を抑制することによって血圧を下げることができます。こういったメカニズムの違う降圧剤は一般には併用することが可能であり、特に重度の高血圧患者には併用による血圧管理が行われるようになっています。一方、降圧剤による治療だけでは血圧を本質から下げることはできません。その原因治療が必要になりますが、その原因は人によって大きく異なります。しかし、現代社会に生きる上では考えてみると良いのが寝不足ではないかということです。寝不足によるストレスは体調に大きな影響を与えることが知られており、交感神経系に支障が生じて高血圧になってしまうこともあります。寝不足であるという自覚がある場合にはそこから改善を図るのも良い方法です。